煌めきの竜星群

こんにちは!セロという者です!ポケモンのシングルレートを相棒のラティオスと共に頑張っています!ここではその様子を日誌にして行きたいと思います。よろしくお願いします^ ^

【ポケモンSM】シングルレートS4使用構築 †王道サイクルバシャサンダーナット† 【最高最終レート2004】QRレンタルあり

【前語り】

初めまして!セロと言います!

シーズン4お疲れ様でした!今回はシーズン終盤でレート2000達成記念に構築記事を書きます^ ^

初めてなので至らぬ点も多いと思いますが、最後まで読んでいただけると嬉しいです!

 

【使用構築】f:id:cero_latios:20170717213534p:image

今回僕が使用した構築は、6世代の頃から使い慣れているメガバシャーモでサイクル戦をしたいという所から始まりました。

そのため相性補完の優れているサンダー、ナットレイを軸として採用した「バシャサンダーナット」となりました。

この構築はサイクル戦に非常に適しており、そのポテンシャルは十分に発揮できたと思います。

しかし、高速アタッカーや積みアタッカー。受けループやメガボーマンダ軸など辛い所も環境には多いため、それらのケアを残りのポケモンでしていきたいと思いました。

【個別紹介】

メガバシャーモ

f:id:cero_latios:20170717213608g:image

性格:いじっぱり

持ち物:バシャーモナイト

特性:かそく

努力値:0-252-0-0-4-252

実数値:155-233-100-*-101-152

技構成:フレドラ/とび膝/エッジ/守る

 

今回の唯一のメガ枠、頼れるエースです。

このポケモンの一貫性をいかに作るかが重要な勝ち筋の一つになってます。努力値はサイクル戦において大きな負担を与えるためにA特化、テテフ、ミミッキュリザードン等100族付近の激戦区を制するために準速、残りはダウンロード対策です。技はフレドラとび膝は確定で、今回はマンダ軸、リザ軸にもできるだけ選出したかったのでひこうタイプに抜群の取れる岩技を採用しました。このポケモンは素の火力が高く特性も相まって一貫性の取りやすく技が当たればよく活躍してくれたと思います(#^ω^)ビキビキ

 

◎サンダー

f:id:cero_latios:20170717213616g:image

性格:ひかえめ

持ち物:ウイのみ

特性:せいでんき

努力値:204-0-160(個体値30)-0-124-20

実数値:191-*-125-145-126-123

技構成:ボルチェン/熱風/どくどく/羽休め

 

バシャーモの相性補完としてかなり優秀な力を持っているポケモン。耐性といい種族値といい中々いい活躍をしてくれました。

性格が控えめなのは静電気で図太いじゃないやつが控えめしかいなかったからです←

本当はSを最速70族抜きまでできる臆病とか特殊環境に適応する穏やかにしたりする方がいいです。

ただ控えめにすることによりマンダの身代わりをある程度安定して壊しながら、後ろのポケモンに繋げられるのはよかったです。

Sはガッサを意識した準速70族抜き。物理耐久はマリルリの腹太鼓アクジェを最高乱数以外耐え、特殊耐久は臆病珠ゲッコウガの冷凍ビームを最高乱数以外耐えかつDL対策済みという絶妙な調整となっており、7世代で登場した新しい回復きの実ととても相性が良かったです。

とりあえず1発耐える→きのみで回復→ボルチェンという動きができるので先発に投げやすいですし、静電気チャンスがあるのも高評価です。

ただ、分かる人なら分かると思うのですが"絶妙な"耐久なので、1発ジャブ入れられた後は"絶妙に"耐えないことが多かったです。現にレート2000を超える猛者達はそういった動きをしてきました。

技はサイクルを回しやすいボルチェン、ナットレイハッサムルカリオ等に有効な熱風、耐久を生かして崩しを行えるどくどくと羽休めを採用してます。めざ氷は欲しい場面はありましたが熱風や他の技を切るほどではないなと思いました。

 

ナットレイ

 f:id:cero_latios:20170717213621g:image

性格:のんき

持ち物:たべのこし

特性:てつのとげ

努力値:252-0-32-0-228-0(個体値0)

実数値:181-114-170-*-165-22

技構成:ジャイロ/宿り木/ステロ/守る

 

バシャーモの相性補完として優れているポケモン

耐性が優秀で柔軟な動きができるように補正は物理、努力値は特殊に多く振りました。これにより信頼できる最低限の物理耐久と火力補正のないめざパくらいでは落とされない特殊耐久を手に入れました。みずタイプやフェアリータイプ、特にミミッキュに強く出れるところが高評価です。

しかしこのポケモンが出るだけで簡単にリザやバシャといったバシャサンダーナットが苦手とする炎の積みアタッカーに起点を作らせてしまうので、そこのケアをしなきゃいけないと思いました。

技構成は一致技でフェアリーに刺さるジャイロ、サイクル戦において有用な宿り木とステロ、最後に守るを入れました。守るは元々ウィップだったのですが、どうしても守るのないナットレイが使いづらいと思ったので守るを入れています。

 

マンムー

f:id:cero_latios:20170717213648g:image

性格:いじっぱり

持ち物:いのちのたま

特性:あついしぼう

努力値:28-194-100-0-164-4

実数値:189-194-113-*-101-101

技構成:地震/氷柱/ステロ/礫

 

メガマンダ、ガルド絶対倒すマン。

メガバシャーモ軸で辛くなるメガマンダ軸や択ゲーになり安定しないギルガルドを破壊したいと思い、地面枠として採用しました。

当初はチョッキで使ってて地割れを搭載した受けル対策を兼ねていたのですが、パワー不足が目立ったので珠に変えました。

調整はHは珠ダメ最小。Aを地震でH振りギルガルドを確定1発まで上げ、残りをDを中心に振り分けました。Bもここまで振ればマンダの捨て身に対して一度だけ受け出し可能です。

でんきタイプにも後出しができ、環境に多いカプ・コケコに強いのも高評価でした。珠草結びは犯罪なのでやめてください。

マンムーの刺さらない環境はないと昔偉い人が言っていたような気がしましたが、マジだなぁと思いました^ ^

 

カプ・レヒレ

f:id:cero_latios:20170717213653g:image

性格:ずぶとい

持ち物:カプZ

特性:ミストメイカー

努力値:252-0-196-0-0-60

実数値:177-*-176-115-150-113

技構成:波乗り/ムンフォ/挑発/自然の怒り

 

今回の水枠です。耐久潰し、物理受け等様々な役割を持たせていました。

努力値はHぶっぱ、Bをメガマンダの特化竜舞捨て身を最高乱数以外耐え、残りをSですね。深い意味はないです←

持ち物はZクリスタルを持たせてます(余ったから)

このポケモンの流し性能は非常に高く、有利な対面で受け出し先に最強の役割破壊技を仕掛けていくことができ、想像以上に強かったです。

技構成は波乗りムンフォ自然の怒り挑発で確定だと思ってます。挑発があることで低火力高耐久ポケモンに対して有利に立ち回れますし、受けループも相手にできます。

みずフェアリータイプは攻撃面も防御面も優秀で柔軟な動きができますがですが、ミミッキュにはどう頑張っても勝てないので素直に引きましょう(教訓)

 

ラティオス

 f:id:cero_latios:20170717213658g:image

性格:おくびょう

持ち物:こだわりスカーフ

特性:ふゆう

努力値:0-0-4-252-0-252

実数値:155-*-101-182-130-178

技構成:竜星群/ショック/10まん/トリック

 

我らが相棒ラティオス。僕の1番好きなポケモンです!このポケモンがいないとポケモンやってる気がしないというくらいモチベに繋がっています。

ラティオスといえば眼鏡というイメージが強く、僕もそれが最強だと思い拘っていました。

しかしあまりにも竜星群の通りが悪く、また構築が高速アタッカーや積みアタッカーに弱すぎたのでレート終了の3日前にスカーフを持たせたところ、大変貌を遂げました。

スカーフを持たせたことにより、ここまで重かったゲッコウガ、ゲンガー、リザードンボーマンダウルガモスバシャーモ等に強くなり選出率もメガネを掛けていた頃よりも跳ね上がりました。

ただ、火力が足りない部分が目立ちメガネの時のようなゴリ押しはあまり期待できません。(130族って大したことないんだな)

技構成は最高打点の竜星群、メインウエポンのエスパー技、今回はショックを採用しましたがキネシスでも別にいいと思います。後は自由にカスタマイズできますが、今回はメガバシャーモが苦手な水タイプに打点の取れる10まんと刺さる相手にはとことん刺さるトリックを採用しました。このポケモンの活躍で17〜18止まりだったレートを跳ね上げることができたと思います!

 

QRレンタルチーム】

 https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-C9C9-4FAC

リンク先にレンタルチームがあります!よければ使って見てください^ ^

【立ち回り】

相性補完の優れている構築なので、相手の構築に合わせた選出ができます。具体的にはバシャサンダーやレヒレナットといった保管の優れた二匹に相手に刺さる1匹といった選出が多く、ある程度安定した展開にできると思います。しかし、どうしてもサイクルを回す構築なので追加効果を引きやすく「運負け」といった事象も起こりやすくなります。

 

【最後に】

f:id:cero_latios:20170717213731j:image

f:id:cero_latios:20170718131841j:image

ここまで見てくださりありがとうございました。今シーズンの終盤は本当にツイてなく、ツイッターで運負けツイートを多くしてしまい申し訳ございませんでした>_<

この構築はサイクル構築なのでどうしてもそういったことが起こるのは分かってはいましたが、終盤にあれだけ起こると流石に理性を保つことが難しかったです()

その中でも2000に乗せられたのは自分にとってとても大きなことでしたし、嬉しかったので今回は構築記事を書かせていただきました!

最後になりましたが、S4お疲れ様でした!

質問がありましたら、Twitter @cero_latiosまでお願いします!

 

それでは!